注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

garden216的博客

永远永远只爱Yt一个人。

 
 
 

日志

 
 

写好小说的秘诀(コツ)【初写者(初心者)比较容易掌握的要领小述】  

2011-12-13 01:06:54|  分类: 简单日语阅读 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

即使对初写者(初心者)也能很简单的掌握、写好小说的秘诀(コツ) - garden216 - garden216的博客

「小説家になりたい……」と密かに考えている方は、結構いるのではないでしょうか。しかし、実際に小説家になる人は、ごくわずかです。また、小説の新人賞に1000作品の応募があったとして、その中で小説の体裁をなしているのは10分の1程だという噂も聞きます。

「想成为写小说的作家……」这样暗暗决心着的人、一定会有吧。但是,实际上成为小说作家的人,极少。再者,作为小说新人奖汇总了的1000部作品,传闻其中只有10分之1左右的达到小说格式。

これは、何故でしょう? 才能がどうの、という問題も、もちろんあるはずです。しかし恐らくは、小説を書くコツを掴めていない人が大半なのです。

そこで本稿では、初心者でも上手に小説を書くためのコツを、具体的に紹介したいと思います。

这是怎么回事?要怎样去发挥自己的才能,当然应该也会有这样的疑问。但是恐怕是大半的人没有掌握住写小说的要领。

因此本贴想就即使是初写者也能写好小说的要领做具体的介绍。

上手に小説を書くコツ

新人賞応募作の大半は、「描写ができていない」と言われています。つまり、逆に言えば、描写さえできれば、初心者から脱することができる可能性があります。「なぜ、小説に描写が必要なのか?」という問題については、ここでは省きます。「描写なんて、ストーリー展開を遅くするだけだし、面倒だし、いらないよ」と考える人もいるかもしれませんが、まずは深く考えずに、試してみてください。描写があるだけで、グッと小説らしくなるんですよ。

参加新人奖的大多作品都被评论为「描写肤浅」。反言之,如果能描写到位,就有可能摆脱菜鸟身份。「为什么,小说描写很有必要」关于这个问题,在此省去。可能有人觉得「描写会推迟故事的展开,又麻烦,不需要吧」,那么就请先别深入思考,写了再说。只需有了描写,马上就有小说的样子了。

描写って、なに?
何谓描写?

「描写」とは、何でしょうか。試しにYahoo!辞書で検索してみると、物の形や状態、心に感じたことなどを、言葉?絵画?音楽などによって写しあらわすこと。【大辞泉】

「描写」是指什么呢?我试着在雅虎词典上搜索了下:用语言、绘画、音乐等来表现事物的形态及内心的感受等。【大辞泉】 

これではわかりにくいという人のために、もう少しザックリした言い方をすると、一人称(主人公が「私」や「僕」や「俺」)の小説ならば、「主人公が、見たことや感じたことを、言葉で表現すること」です。

这个解释对有些人估计不好理解,那我们换种更实际的说法,如果是第一人称(主人公是「我」)小说,「就是主人公用语言来表达自己的所见所感」。

描写って、どうやるの?

怎么来描写呢?

いざ書こうとすればわかりますが、言うのは簡単でも、実際に描写をするのは、とても大変です。初心者ほど、はたと手が止まってしまうはずです。

描写のやり方がイマイチ良くわからないというあなた! 大丈夫です。次の通りにやってみてください。

虽说只要动笔写就能明白,不过这东西都是说着简单,实际要去操作很困难。尤其是菜鸟,多半马上脑中一片空白,手就停下来了。 即使你还不太清楚描写的方法也没问题!请按照下述来操作:

今、自分の目に「見えているもの」、「見て感じた内容」を、一つずつ列挙して、書き出してください。箇条書きで構いません。実際に、私が窓から見ている景色を例に、やってみます。

将自己眼前「看到的东西」,「看过所想到的内容」一一列举写出来。分条目来写也行。以我实际从窗户看到的景色为例来描写。

  • 曇っている
  • 天阴着
  • 光はあまり強くないのに、明るくて、目が痛い
  • 光线不太强,却很明亮、刺眼
  • 見るからに寒そうだ
  • 光看就觉得冷了
  • 時折、風が吹いて、柿の木が揺れる
  • 风不时吹起,柿子树随风摇曳 
  • 青く塗装された瓦の屋根がある
  • 看到蓝瓦覆盖的屋顶 
  • 古ぼけたモルタルの壁
  • 有着陈旧灰泥的墙壁 
  • 汚れた窓は、カーテンで閉ざされている
  • 污浊的窗户,用窗帘遮蔽着 
  • 人気が感じられない
  • 感受不到生气

ストーリーを組み合わせる

组合故事

列挙が終わったら、次はストーリーと組み合わせます。これもとりあえずは、どんなストーリーでも、構いません

列举完了,接着就要来组合故事。这个步骤也不用管是写什么故事:

▲試験の出来が悪くて、ムシャクシャしていた。デートの約束は明日だったが、急に彼女に会いたくなった。家を出て、駅へ向かった。道ばたに彼女が立っていて、驚いた。

我考试考砸了,心情郁闷。原本明天有约会,可突然想见她了。我出了家门,向车站走去。发现她站在道旁,让我吃了一惊。 

味気のないストーリーですが、描写と組み合わせると、こうなります。

这个故事让人觉得单调乏味,可是跟前面的描写组合起来,就会变成这样:

★曇っている。光はあまり強くないのに、明るくて、目が痛い。試験の出来が悪くて、ムシャクシャしていた。窓の外は、見るからに寒そう   だ。時折、風が吹いて、柿の木が揺れる。デートの約束は明日だったが、急に彼女に会いたくなった。家を出て、駅へ向かった。青く塗装された瓦の屋根がある。古ぼけたモルタルの壁。汚れた窓は、カーテンで閉ざされている。人気が感じられない。ふと見ると、道ばたに彼女が立っていて、驚いた。

天空阴沉沉的,光线虽不太强,却亮堂堂的刺眼。我考试考砸了,心情很郁闷。窗外看着就很冷,时而吹起寒风,柿子树在风中摇曳。我明天有约会,可突然不想见到她。我出了家门,向车站走去。路上看见蓝瓦铺成的屋顶,还有陈旧的灰泥墙。旁边污浊的窗户用窗帘遮蔽着。完全感受不到生气。突然看到她站在道旁,让我吃了一惊。

 どうでしょうか? 見違えるほど小説らしくなったのではないかと思います(大雑把な描写と、ただの「あらすじ」を、ほとんどそのまま併せただけなので、多少のぎこちなさはありますが)。これが、描写の役割です。

怎么样?这么一组合就有小说的样子了,让人刮目相看吧(由于只是把粗略的描写跟单纯的「简介」组装在一起,多少有些生硬)。这就是描写的作用。

おわりに

本来であれば、まったく関係のない描写とストーリーを併せるのでなく、「その場面にふさわしい描写」というものを考えなければなりません。また、描写の精度を高める作業も必要です。ですが、「なるほど、描写とは、こういうことなんだ!」と、感覚は掴めるのではないかと思います。「どうしても上手く小説にならないんだよなぁ……」という方は、ぜひお試しください。「短編しか書けません」という方も、描写ができていない可能性が高いです。純文学でも、一般文芸でも、描写はとても重要な要素ですからね。

就本质来说,并不是要你将毫无关系的描写跟故事组装起来,而要思考「符合场景的描写」。此外,提高描写精度的操作也不可少。可是,我认为就是要抓住让你想到「原来如此,描写就这么一回事儿啊!」的感觉。「始终没办法写好小说……」的人请务必试试看。“只能写短篇小说”的人多半就是不会描写。毕竟不论是纯文学还是普通文艺作品,描写都是相当重要的因素。

                                                                                            作者:後木砂男  来源:nanapi   翻译:kyon

  评论这张
 
阅读(1214)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017