注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

garden216的博客

永远永远只爱Yt一个人。

 
 
 

日志

 
 

2011年04月26日  

2011-04-26 21:24:52|  分类: 默认分类 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

■【太田城落城】天正十三年(1585)4月25日

   羽柴秀吉が紀州太田城を水攻めで落とす。城将太田左近宗正以下五十一人が切腹する。

 天正十三年(1585)年三月、大がかりな紀州討伐を行った羽柴秀吉は二十四日に根来寺を攻め落とすと、引き続いて翌日には太田城(和歌山市)の攻略に軍を進め、早速本願寺顕如を通して雑賀孫一の案内で中村孫平次(一氏)を勧降の使として送り込みました。太田城には雑賀太田党の総帥?太田左近宗正を始め亀井対馬?島村掃部以下三十六人の将が籠もっていましたが宗正はこれを拒否、ここに秀吉勢の総攻撃が始まりました。

 秀吉勢の先陣は堀秀政の三千、続いて二陣長谷川藤五郎の三千、三陣前野甚兵衛の三千が猛攻を仕掛けますが、太田勢五千は近くの森やいたる所に数百の鉄砲隊を伏せ、猛射を浴びせてこれを迎え撃ちます。先手の堀?長谷川勢は自慢の勇士五十一人が討たれる損害を出し、多数の兵を失いました。これを見た後陣の筒井?蒲生勢一万が城へ殺到しますが城内から大筒の砲撃を受け、またもや大きな損害を出しました。

 力攻めが難しいとみた秀吉は、備中高松城(岡山市)攻めの時と同様に水攻めにするべく、翌二十六日の夜より十七万人近い人夫を駆り集めて築堤工事を始め、四月一日から水を流し込んだといいます。このときも三月の末には大雨が降り、あたり一面が海のようになったということなので、秀吉にはよほど強運がついて回ったのでしょう。

 城内では当初戦意は高かったものの「水干し」にされて兵糧も尽きたため、左近は蜂須賀正勝に対して自分の命と引き替えに城兵の助命を嘆願します。秀吉はこれを認め、引き替えに城方の主な将士五十一人の首を要求しました。これは緒戦で散った秀吉方の勇士と同数のものです。

 左近は秀吉の要求を容れ、五十一人の城将らとともに自刃し開城しました。開城の日付には異説もありますが、この日に羽柴秀長の名で社家郷(宮郷)に禁制を出しています。ちなみに開城直前の二十二日に秀吉は太田方に対して朱印状を与えていますが、その中に

「在々百姓等、自今以後、弓箭?鎗?鉄炮?腰刀等令停止訖、然上者鋤?鍬等農具を嗜、可専耕作者也」との文言が見え、ここで既に刀狩を行っている(全国に発令されるのは同十六年七月)ことがわかります。
翻译:

  天正十三年(1585年)4月25日,羽柴秀吉利用水攻攻陷纪州太田城。城将太田左近宗正以及麾下五十一人切腹

  天正十三年(1585年)3月,羽柴秀吉对纪州的势力进行大规模肃清行动,24日时攻陷根来寺,接着,第二天开始向太田城(今和歌山市)进军。秀吉迅速通过本愿寺显如的关系,由杂賀孙一做指引,派出中村孙平次(中村一氏)为劝降使者。太田城以杂賀太田党总帅太田左近宗正为首,自下三十六名将领面临被包围的境地,却拒绝了秀吉的劝降。于是秀吉下令发动总攻。

  堀秀政领兵三千作为秀吉军的第一阵,接着第二阵是长谷川藤五郎的三千军,第三阵由前野堪兵卫率三千军,开始发动猛攻,太田军的五千人在附近的森林各处埋伏了数百人的火枪队,以此迎击秀吉军。身为先锋的堀、长谷川军引以为豪的将士中有五十一人战死,失去大部分战力。见此情形,后阵的筒井、蒲生军一万人随后赶到,但遭受城内炮击,造成极大损失。

  强行进攻未果的秀吉,决定再次采用攻打备中高松城(今冈山市)时所用的水攻,为此,第二天(3月26日)夜间,秀吉召集了为数约十七万的壮丁开始进行筑堤工事,4月1日将水引至此处。时值3月末,天降大雨,周围一带成了汪洋大海一般,对秀吉来说,这情形简直是天赐良机。
太田城内起初士气高涨,但是由于大水围城兵粮告罄,左近向蜂须贺正胜提出,愿用自己一人性命换取全城守军之命。秀吉答应了,作为条件,守城方要交出太田城主要五十一名将领的首级,这和秀吉军战死的五十一人数量相同。

  左近接受了秀吉的条件,和五十一名城将一同自尽,太田城开城。关于开城的日期有不同的说法,但这一天(4月25日)羽柴秀长已经下令社家郷(宮郷)的势力不得出入。顺带一提,在太田城即将开城之时的4月22日,秀吉将朱印文书交予太田方,其中可见如下文言:

  「在々百姓等、自今以後、弓箭?鎗?鉄炮?腰刀等令停止訖、然上者鋤?鍬等農具を嗜、可専耕作者也」由此可见这时已经开始施行刀狩令(全国范围推行刀狩令是在天正十六年七月)。

刀狩

刀狩是日本史上的一个法令,最早由柴田胜家在越前实行,主要是没收农民手上的武器,其目的是完全做到兵农分离的目的,但实际上是为了防止一揆的发生,加强对庶民的统治。这使日本武士和庶民身份阶级更加稳固。丰臣秀吉在1588年向全国发出刀狩令,没收的武器都拿去塑造京都东山大佛殿的钉子。

                                                                                                             作者:红茶小杨 来源:沪江

  评论这张
 
阅读(46)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017