注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

garden216的博客

永远永远只爱Yt一个人。

 
 
 

日志

 
 

小河童(川のカッパ)报恩的故事【小故事】  

2011-09-30 09:36:11|  分类: 简单日语阅读 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

むかしむかし、川棚川(かわたながわ)という川のそばに、吾平(ごへい)というお百姓さんが住んでいました。

很久很久以前,在一条叫做川棚川的河旁边,住着个农民叫吾平。

大雨の日の夜、吾平がふとんの中で寝ていると、トントン、トントンと、戸をたたく音がします。

有一个下着大雨的晚上,吾平正在被窝里睡得香甜,突然响起了咚咚咚的敲门声。

「だれじゃ、こんな夜中に」吾平が戸を開けてみると、雨の中に人間の子どもみたいなものが立っていました。

“谁呀,三更半夜的。”吾平打开门,雨中站着的像是人类的小孩。

でも、みどり色のぬめぬめとした肌をしているので、人間ではありません。

可是,皮肤却是绿油油滑溜溜的,所以应该不是人类。

「お前は?」吾平がたずねると、それは手を合わせて言いました。「おいは、そこの川のカッパです。岩穴に住んどるが、戻ってみると怖い物が家の入口をふさいでおる。どうか、どうかその怖い物を退治してください」

“你是?”听到吾平这么一问,他就双手合十说道:“我是住在那条河里的河童。我住在那里的岩洞里,可是回去时却看到很恐怖的东西堵在我家门口。拜托了,拜托你帮我弄走那恐怖的东西吧。”

吾平は、このカッパを可哀想に思って言いました。「そうか、おいに出来る事じゃったら、何とかしてやろう」

吾平觉得这个河童很可怜,就说道:“这样啊,如果是我能做的,我一定做到。”

「ありがとう、家はこっちだ」

“谢谢,我家往这边走。”

吾平はカッパに案内されるまま、川へと行きました。「ここだ。怖い物が、家の入り口をふさいでおるだろ」

吾平在河童的带领下,向河边走去。“这里了,恐怖的东西正堵着我家门口。”

見ると川岸にある岩穴に、どこから流れてきたのか馬ぐわがはさまっています。

仔细一看,原来是河边的某个洞穴里,堵了不知道从哪里流过来的水田耙。

「怖い物とは、これか?まあ、カッパはむかしから、金物に弱いというからな」

“所谓的可怕的东西,就是指这个?算了,听说河童一直都是很怕金属器具。”

吾平さんはすぐに川に入って、馬ぐわを取ってやりました。

吾平立刻进入河里,把水田耙取了出来。

するとカッパは、とても喜んで、「ありがとう。お礼に、これからは川を守って洪水が出んようにしてやるから」と、言って、何度も頭を下げながら川に入っていきました。

河童很高兴,说道“谢谢你。作为报答,今后我会守住河流不让洪水过来。”一边不停的鞠躬一边到河里去了。

それからは大雨で川棚川の水が増しても、吾平の家の周りには何の被害もなかったそうです。

之后下大雨时,川棚川水就算再涨,也不会殃及到吾平家附近。

そして時々、吾平の家の戸口には、おいしそうな川魚が置いてあるのでした。

而且,有时候,吾平家的门口还有放着看上去很好吃的河鱼。

一般的にカッパはイタズラ好きの悪い妖怪ですが、川棚川のカッパはとても良いカッパで、村人たちと仲が良かったそうです。

一般来说河童是喜欢恶作剧的坏妖怪,不过听说川棚川的河童却是很善良的河童,和村民们关系很好。
                                                                                                        作者:小尾巴译  来源:福娘故事集
  评论这张
 
阅读(114)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017